平日に引越しを行うときに気をつけたいポイント

平日に引越しをしたいときの注意点をご紹介します。まず会社は通常営業していますので、仕事を休む必要性が出てきます。事前に有給休暇を申請するなどして、上司に許可を得ましょう。また平日に引越しをした場合、お隣さんやご近所さんは仕事で留守のことがほとんどです。よって挨拶まわりは、引越し後の休日になってしまうこともあるので注意してください。平日引っ越しのメリットといえばなんといっても値段の安さです。3月や4月は新生活に向けての引越しや転勤などで繁忙期となるので引越し業者ではアルバイトが増えます。もちろんすべての業者がアルバイトの数が増えるとは限りませんが、繁忙期の安い平日ですと若干作業の質が落ちるといったケースも見受けられます。きちんとした作業をして欲しい、態度の悪い人は使って欲しくないという方は、業者に事前にその旨を伝えましょう。

平日に引越しを行うとこんなにいいことがあります

平日に引越しをする最大のメリットは、土日祝日よりも料金が安いという点です。引越し業者に依頼して見積もりを比較してみてください。特に引越し業界の閑散期である1月の月初めでしたら、さらに値引きが受けられるでしょう。また、公共設備やインターネットの立会いなども、営業日の平日でしたら一日で全て行えます。行政や郵便局への各種手続きなども、平日の方が都合の良いことが多いものです。そのうえ金曜日に引越しをした場合、翌日の土日で引越しの後片付けや掃除をすることができます。足りないものの買い物に行くこともできます。引越し後には廃棄物やゴミが必ず出ますが、溜め込まず次の平日のゴミの日に捨てることが可能です。このように平日の引越しにはいいことがいっぱいです。お引越しの際には、ぜひ平日を活用してみてください。

平日の引越しで家族は手伝ってくれるか

引越し作業は予想以上に大変です。荷造りから荷あけ、不動産屋との連絡、電気・水道・ガスの解約、契約、立会い、インターネットの接続立会い、引越し業者との連絡、役所への申請、すべて一人でやろうとするとパニックになります。そんなとき一人でも手伝ってくれる人がいたら助かるものです。ある調査では、引越しの時、休日よりも平日の方が家族の手伝ってくれる割合が高いという結果が出ています。お母さんが専業主婦であったり、休日は予定を入れてしまうという家庭が多かったりするためでしょう。よって平日の引越しには、家族の協力が得られやすいというメリットもあるのです。この結果を踏まえて、特に単身、一人暮らしの方は平日のご利用をおすすめします。もちろんファミリーや小さいお子様がいる方も、人の助けを借りたい場合は、平日のご利用がよいでしょう。