休日ではなく平日に引越しを行うことのメリット

転勤や新生活、今までよりも広い家に住みたいなど、引っ越す理由は人それぞれあります。引っ越すときに新しい家で使う家具の新調や、引っ越したあとにお金がかかることがあるため、引越しのときにはなるべく費用を抑えたいという人が多くいると思います。引越しの費用を抑えるために、さまざまな会社で見積もりを取って比較する以外にも、費用を抑える方法はあります。それは、引越しを休日ではなく平日に行うことです。平日に引越しを行うことで安くなるという仕組みとは、平日に引越し業者を利用する人が少ないという点が1番大きな要因となっています。休日も平日も、料金の設定は同じ価格なのです。しかし、平日に利用する人が少ないため、割引をして安くなっているのです。そのため、比較的利用者の少ない平日に引越しを行うことで、お得に引越しを行うことができるのです。

引越しを行うときにお得な平日とお得な季節について

なるべく費用を抑えた引越しを行うのに適しているのは、利用者の少ない平日ですが、繁忙期である3月などは平日でも利用者が多いため、通常に比べてもそこまで安くなりません。その理由が、元々引越し業者には平日割引という設定がないからです。利用者が少なくなることで、稼動しないスタッフが多くなり、仕方なく割引を行っているのです。そのため、引越しの閑散期を狙って引っ越すことが1番お得なのです。引越し業者の繁忙期は、3月から4月に新生活を控えた人が利用することが1番多く、他にも連休がある5月や、3連休がある月が繁忙期となっています。閑散期は1月と言われており、利用する人も少ないため、通常に比べて大幅な割引を受けることができる時期になっています。そういったことから、時期を見ての引越しは大切なのです。

引越しを平日に行うことで費用以外にもお得がたくさん

閑散期の平日に引越しを行うことによって、通常よりも割引を受けられる以外にも、メリットがあります。平日に引越しを行うことで、引越しを行う時間帯の設定が幅広く決めることができるため、自分の都合に合わせた引越しを行うことができます。また、土日に比べて交通量が少ないため、道が渋滞していることもなく、荷物を運ぶ時間に手間を取られることなく引越し作業を行うことができます。他にも、引越しをしてから行う役所の手続きも、平日に引越しを行えば、引越しのついでに役所に行き、転居届などの手続きを行うことができます。新たに平日に仕事を休んで市役所に行かなくてよいため、効率よく届出を行うことができます。他にも、土日で荷造りを行うことができるため、落ち着いて引越しまで過ごすことができ、引越し当日にはスムーズな作業を行うことができるのです。